956aa14f7ecaa6059dd0c18c64890735_lタバコを吸いたくなるのは、体内のニコチンが欠乏することと、喫煙行動に関する自己意識が原因としてあげられます。
これらによって脳に「タバコを吸いたい」という欲求が生まれます。

そこで、タバコを吸いたくなる衝動の対策として冷たい水をゆっくりと飲むことや、深呼吸を行うこと、ニコレットなどの禁煙補助剤を使うことなどが考えられます。
冷たい水をゆっくり飲んだり、深呼吸をしたりするのは、普段タバコを吸っていたために口にモノがないと寂しくなったり、肺の中が満たされて、タバコが吸いたくなるような衝動を抑えるためです。
しかし、これらを行うだけでは、タバコを吸いたいという衝動が出てきたときにそれを抑えることができない場合もあります。

さらなる対策としては、タバコに対する意識や環境を変えましょう。
例えば、タバコの税率は約65%であり、ほとんどは税金です。
タバコを我慢することで他の贅沢をすることや貯金に回すことができます。
また、タバコを吸うことは美容や健康に害であるため、禁煙することでこれらを向上することができますし、身体からは他の人から嫌と思われるようなタバコのにおいがなくなります。
このようにタバコに対する意識を変えたり、家にタバコを置かないことは勿論、タバコを吸う人が多い場所にも行かないようにするなど環境を変えることが、禁煙への道となります。