健康保険組合では各事業所における禁煙活動をサポートするために、治療費の補助を行っているところがあります。
企業の事業所ではたばこを止める活動が推進されているところが増えており、健康づくりを行う一貫として、保険適用が行われる治療の補助を受けることができます。
従来までは禁煙指導が行われていましたが、現在では喫煙はニコチン依存症であるという解釈になり、治療を医療機関で受ける方針に変わっています。
医師の指導や治療薬の処方によって、自力で行う禁煙よりも3倍近い効果があると言われています。
禁煙外来で処方される治療薬は、一定の基準を満たすことで保険が適用されますので、自己負担は3割で治療が受けられます。
事業所における治療の助成事業が行われており、禁煙に成功すると補助費用が支給されます。
事業所に対する助成事業によって、禁煙に関するサポートが手厚くなりますので、健康の増進につなげることができます。
治療に用いられる方法として、ニコチンパッチやニコチンガムが有名で、一定のニコチンを摂取しながらたばこを止める方法となります。
ただし、ニコチンには強い中毒性があるために、たばこを止めることが難しくなる原因とされてきました。
ニコチンを摂取すると脳内の覚醒物質に影響を与えたり、快楽物質のドーパミンが放出されるために、摂取を止めることで離脱症状があらわれる懸念があります。
禁煙治療薬であるチャンピックスを服用する治療では、ニコチンを摂取しない方法となり、離脱症状を和らげる効果を得ることができます。
ニコチンによる離脱症状が感じにくくなるために、たばこを止めることができる確率を高くすることが可能となっています。
他の方法では挫折してしまった人であっても、禁煙を達成している人も多くなっており、現在で最も有効性の高い治療法と言えます。