喫煙している人にとっては、病気と関連性の高いことが知られているために、たばこを止めたいと考えている人も多いでしょう。
たばこにはニコチンが含まれており、依存性が高いために禁煙することは難しいと言われています。
喫煙を恒常的に続けていると、たばこの煙によってセロトニンやドーパミンなどの脳内における神経伝達物質を代謝する役割の、酵素を阻害することが知られています。
このことから、たばこを吸っている人の脳は、セロトニンやドーパミンの濃度が高い状態が継続していると考えられています。
脳内でセロトニンなどの神経伝達物質の濃度が高くなっているときに、禁煙を行うと離脱症状が起きます。
ニコチンの神経毒性によって依存症の症状が引き起こされるために、再びたばこを吸いたくなります。
そのために従来までの禁煙治療では、ニコチンが含まれているニコチン製剤を使用することで、少しずつたばこの本数を減らしていく方法が一般的でした。
現在では、ニコチンを含んでいない禁煙補助剤が登場しており、たばこを吸わなくてもドーパミンを放出させることができるために、ニコチン依存による離脱症状を軽減させる効果があります。
禁煙補助剤のチャンピックスでは、ニコチンの代わりに受容体と結合することによって、たばこを吸った場合であっても摂取したニコチンが受容体と結合するのを阻害することができます。
チャンピックスの服用によって、喫煙をしても満足感が得られない体質にすることが可能で、それによってたばこを吸うことを止められます。
チャンピックスは禁煙外来が設置されている医療機関で、保険が適用されますので、安価な価格で購入することができます。
薬局などでは販売されていませんので、医療機関を受診して医師に処方してもらう必要があります。