歯のヤニは口臭の原因

Month: 6月 2014

タバコを吸いたくなる衝動の対策

956aa14f7ecaa6059dd0c18c64890735_lタバコを吸いたくなるのは、体内のニコチンが欠乏することと、喫煙行動に関する自己意識が原因としてあげられます。
これらによって脳に「タバコを吸いたい」という欲求が生まれます。

そこで、タバコを吸いたくなる衝動の対策として冷たい水をゆっくりと飲むことや、深呼吸を行うこと、ニコレットなどの禁煙補助剤を使うことなどが考えられます。
冷たい水をゆっくり飲んだり、深呼吸をしたりするのは、普段タバコを吸っていたために口にモノがないと寂しくなったり、肺の中が満たされて、タバコが吸いたくなるような衝動を抑えるためです。
しかし、これらを行うだけでは、タバコを吸いたいという衝動が出てきたときにそれを抑えることができない場合もあります。

さらなる対策としては、タバコに対する意識や環境を変えましょう。
例えば、タバコの税率は約65%であり、ほとんどは税金です。
タバコを我慢することで他の贅沢をすることや貯金に回すことができます。
また、タバコを吸うことは美容や健康に害であるため、禁煙することでこれらを向上することができますし、身体からは他の人から嫌と思われるようなタバコのにおいがなくなります。
このようにタバコに対する意識を変えたり、家にタバコを置かないことは勿論、タバコを吸う人が多い場所にも行かないようにするなど環境を変えることが、禁煙への道となります。

離脱症状から抜け出すまでの期間

9b8e97eb7a7dbc60e083edb29f0ca350_l依存性のある薬物などをたびたび使用していた場合、使用をやめることで体に不快な症状が出てくるようになります。
その薬物に依存していたために、効果が得られなくなることで体が悲鳴をあげるのです。
これが、離脱症状または禁断症状と呼ばれているものです。
離脱症状は、ニコチン依存症やアルコール依存症などになっている人が、禁煙や禁酒をおこなうことで起こります。
具体的な症状としては、頭痛や苛立ちや集中力の低下や睡眠障害などです。
この離脱症状があるがゆえに、依存症の人にとって禁煙や禁酒は非常に難しいものとなっているのです。
やめようとすると苦痛が襲ってくるため、日常生活もままならなくなります。
耐え難い頭痛で苦しんだり、仕事でもミスをしてしまったり運転に集中できなくなったりするので、体と生活とを守るために、再びタバコやお酒に手を出すようになってしまうのです。
しかし離脱症状には必ず終わりがあります。
終わってしまえば、苦痛はなくなるので禁煙も禁酒も成功させることができます。
離脱症状から抜け出すまでの期間は、それまでの依存度にもよるのですが、だいたい2週間ほどです。
禁煙の場合も禁酒の場合も、最初の2~3日が離脱症状のピークで、その後は徐々に症状が軽くなっていきます。