最近はタバコを吸っている人の中でガンになる人が増えています。本人も体に悪いと分かっているつもりですが、ニコチンは依存症をもつ薬物ですから、一度吸い始めるとそう簡単にやめることができません。ですから禁煙をしようと思う時にはそのメリットを十分に知り、強い意志を持たねばなりません。禁煙をすると最初の1、2ヶ月ぐらいから健康を実感できますし、さらに続けて10カ月ぐらい我慢すると色々なことがわかってきます。実際、咳やたん、鼻水やだるさがなくなってきます。体力がほぼ回復します。老け顔も若々しくなります。そして禁煙をすることの大きなメリットは、自信が出てくるということです。それまでは何度も禁煙を決意し、しばらくして挫折をする、というのを繰り返してきましたが、自分との約束を守り続けることができている、というのは大変大きな自信になります。これは禁煙のみならず、その他のことに対する自信にもつながるので素晴らしいことです。そして時間、お金の面で非常にプラスが大きくなります。タバコにかけていたお金や時間を別のことに使うことができるだけでも相当な節約になります。タバコを1日1本を5分で吸うと考えたら、それをやめれば10カ月で25時間ほどになります。そして、なんといっても健康になります。タバコにはニコチンが含まれており、これは有害物質ですから、タバコをやめれば当然体の調子も良くなります。若いうちはあまり体に影響がなくても、吸い続ければいつか必ず病気になります。10カ月程度我慢できれば、もうあまり吸いたいと思わなくなりますから、ちょっと一本だけ、という誘惑に負けず、この夏に禁煙にチャレンジしてみるのもよいかもしれません。